40代・・仕事に不満はない。しかし「辞めたい」謎・・

雑記
過去、これに近い状態に・・

不安☆太郎です。

妻子ありの会社員(フォトグラファー)。

つまり家庭持ちの身であるが・・

身であるにも関わらず・・

「あ~仕事辞めてー!!」

という衝動が湧き上がる瞬間が度々ある。

なぜ?さして不満がある訳ではないのだけど・・

  • 今の職場に関して述べると
    • 「写真」という好きな事で食べている
    • 残業は殆どない
    • 同僚とは円滑にやっている(筈)
    • 給料は高くないけど正社員

決して不幸な境遇ではない。

いや、このコロナ禍でお店や会社が次々と倒産している中では

仕事があるだけでも感謝しなければならない。

それはものすごーく理解はしているのだけど・・

頭の片隅では焦燥感がじわじわと募っている。

おそらく40代に入り

人生の折り返し地点が差し迫って来たのも

一つの要因かもしれない。

大病を患わず

借金もない

貯蓄も多少はあり

金持ちではないけど、困窮もしていない。

立派(?)な中流家庭。

しかし人生の終わりに対する意識が芽生え

「本当に俺の人生はこれで満足か?」

「死ぬ間際に後悔しないか?」

そんな想いが胸の内から湧き上がっている。

漫画「笑うセールスマン」

なら間違いなく

「心のスキマ」

が空いている状態。

人生の有限性にようやく気付いた

一番の問題は今の会社での出世に興味も実力もない事

そもそも会社という組織に対して

興味が持てていないのが問題。

自分に正直&心の赴くままに任せていたら

出世して給料が上がった処で、それに伴うストレスで+−ゼロ。もしくは−」

としか思えないので、今一つ身が入らない。

もちろん、プロなので写真撮影と接客には

常に全力投球ではあるが

その上のステップである

マネジメントとなると、途端に面倒臭くなってしまう・・

つまりは役職までの出世する実力は確実に無く

つくづく現場型人間

これを割り切れば思いのほか平気だが

50歳を迎えた時の自分が同じ様に感じているのかは疑問。

成功者達は今すぐ「会社を辞めろ」というけれど・・

「ヤメチマイナー」
「カンタンニイウナ・・」

世の中の自己啓発系の成功者達は皆

「今すぐにでも会社を辞めて飛び出せ!」

と書籍やyoutubeで言ってくるが

「よし!明日辞表を叩きつけてやる!」

と、なかなかドラマや漫画の様にはいかないもの。

ましてや、40代で家庭があれば

「実は仕事を辞めたいんだ・・」

「え、、これからの生活はどうなるの?」

「なんで?どうして?子供の学費は?生活は?」

「ぐむむむ・・」

となるのは目に見えているので

せいぜい「辞める場面」を夢想して楽しむ日々を送る・・

何だか虚しいぜ。

理想の生活は?自分と向き合ってみる

お前はなぜ辞めたいケロ?

  • 以下、不安☆太郎の老後の甘い妄想
  • 65歳の頃には
    • 里山で暮らす
    • 自分の畑を持つ
    • 現金収入のある仕事を週に2〜3日
    • 狩猟をしたい
    • 地域社会で人間関係を築く

うーむ、妄想の産物。

しかし突拍子のない話という程でもない。

何が言いたいのかというと

今の会社を定年まで勤め上げて場合に

この夢は叶うのだろうか?

まあ、今からメジャーリーガーになりたい

という訳ではないので

決して老後でも遅くはないと思う。

しかし可能な限り

精神・身体にまだエネルギーがある内に

何とか手を打ちたいのが本音。

カッコいいな・・

結局どうすれば良いの?

もしこの「辞めたい」衝動をなくす解決策があれば

思いきって

違う職種に転職する決意も手かもしれない。

この発想は

ちきりん著の

「未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる」

を読んだ時に初めて生まれたもので

これまでは

「一つの職種を全うするのが正しい」

という意識があったので

「あ、仕事って変えていいんだ・・」

と正に目から鱗が落ちた。

実際はごく当たり前の事でも

一度凝り固まると近視眼的脳味噌になってしまうのだと

実感・・・

色々と考えるきっかけに

実は林業に興味を持っているのだが

密かに憧れて

ここだけの話

30代の頃から密かに林業」という仕事に

興味が魅かれ続けている。

自然を相手に

100年先の未来に繋がる仕事。

いやいや、

綺麗事とは解っているし

とても奥さんには言えない!

・・だけど、しかし、でも・・

いや~言えない~

森林の仕事ガイダンスに参加する予定

そんなチキンハートにも関わらず

今年に初めて0.1歩を踏み出そうと画策中。

それは

森林の仕事ガイダンスに参加してみる予定。

まだ、休みが取れるのかも分からず

また怖気づく可能性もゼロではないが

自分的これまでにない行動パターンなのは確か。

実際は参加してみたら

幻滅して

「やっぱ辞めた!」

となるかもしれない。

そうなったらしょうがない・・

このまま同じ所をグルグル廻り続けるよりは

100倍ましな筈である。

さて

吉と出るか凶と出るか・・

何だかちょっと面白くなってきた!

でも吉が出て欲しい・・

取り敢えず参加受付は10月2日からなので

予約しなければ。

そして何か面白い事があれば続報にて

ではまたー(@^^)/~~~

良かったらこちらも
不安☆太郎をフォローする
雑記
シェアする
不安☆太郎をフォローする
40歳から不安の無い人生を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました