40歳でtwitterを初めてみた感想

人生から不安をなくす為の挑戦と戦い
twitter挑戦

こんにちは。不安☆太郎です。

先週あたりから、人生初めてのtwitterを利用し始めました。

今は使い方もよく解らず、手探り状態で覚えながら実践しています。

始めてみた感想

スピード速いな・・
  • 向上心が高い人のtwitterをみて腰が引ける、、
  • 有名人がツイートしているので身近に感じられる(勝手な思い込み)
  • ボソボソ呟いた結果
  • 何かとスピードが速いので、ついていくのにやっと、、
  • でも楽しい&果てしない可能性を感じる

まだ始めたばかりで色々と翻弄されまくりですが

結果を言えば初めて良かったです。

向上心が高い情報網

twitterの先入観は

「今○○と吞んでてサイコー」

「今ヒマ、、誰か呑みにいこー」

みたいな呟きで溢れているものだと思っていました。

そういう片面もあるのでしょうが

私が覗いたのはビジネス系の人達が沢山いて、リテラシー高い情報が飛び交っているので

、、腰が引けました。

入り込んでいけるのかなと。

しかし私と同様の不安や悩みを抱えている方々がいるので

共感&勉強出来るのでモチベーションのアップに繋がります。

有名人が身近な存在だと錯覚する

先ず何をすればよく分からなかったので

「ちきりん」「マナブ」を取り敢えずフォローしてみたのですが

結構頻繁にツイートしているので

「これは、ひょっとしたら何かメッセージを送れば返ってくるのでは?」

なんて妄想が働いている事に気付きました。

星の数ほどいるフォロワーの中で、1000%埋没するのは当たり前なんですが

そう思わせるtwitterが単純に凄いと感心&著名人や企業が登録している理由も納得

ボソボソ呟いた結果

眺めているだけなのも何ですので早速ツイートしてみました。

すると♡マークに番号が付いたので

「あ、これは誰かが意見に賛同してくれたのか」

と理解・・う、嬉しい。

意外と嬉しい

こんな路傍の石である不安☆太郎の意見を気に入って頂きありがとうございます。

と素直に感謝。

まあ、これが癖になって、♡を狙っていく様になったら本末転倒な気もしますが。

何かとスピードが速いのでついていくのにやっと、、

反応も人間関係も速い・・

twitter界というかSNS全般に言える事なのかもしれませんが

情報更新、反応、人間関係の構築、総てが速いので右往左往しています。

特に

フォローしてくれた方々からお返事を頂けたのは凄く嬉しかったのですが、、

これまでは直接自分の体験

「見た・聞いた・感じた」

を信じて生きてきた人間には

そうそう簡単に人間関係の構築にまで踏み込めない事を痛感しました。

このスピード感に慣れるのは今しばらく時間が掛かりそうな予感。

でも楽しい&果てしない可能性を感じる

とまあ、ここまで色々と書いて来ましたが

結論=楽しいです
※機能の把握も出来ていないくせに

ブログと同様、何かを発信出来る場なので

基本理念は同じだと理解しました。

また現在は複合的に多種多様なSNS媒体を活用するのは当たり前のようなので

出遅れでのスタートから、ほんの少しずつ距離を縮めている感じです。

可能性は無限大で強力なツールであるのは間違いないので

今日もボソッと呟いてみます。

“あー腹減ったー”

それではまたー

コメント

タイトルとURLをコピーしました