高齢者のスマホ

人生から不安をなくす為の挑戦と戦い
高齢者とスマホ(海と老人みたいだ・・)

こんにちは。不安☆太郎です。

先日、所要で帰省した際に

80歳の父親がスマホに替えたい

と言うので

docomoショップに同行しました。

80歳からの新たな挑戦

無駄を削ぎ落とす

先ずは現在の通信料を確認すると

約¥3500ぐらいと言うので

それぐらいなら、同額でいけそうと

判断し、

店員さんに

「とにかく無駄なく安くお願いします」

と伝えました。

そして、待つ事10分少々・・

提案されたのは

1GBで基本料¥2480のライトプラン。

プラス故障時等の保険が¥720

併せて月の支払いが¥3200

・・良いと思います!

機種は「galaxy A20

本体価格は約¥4300(色々と値引があっての)

契約時の事務手数料が初月¥3000の上乗せ

・・安い!良いでしょう!

まあ、実際はもっと詳しい人であれば

さらに安く出来るのでしょうが

妥当だと判断して「GO」サインを出しました。

つまりは生命保険と同じ

最終的に契約が終了するまで

2時間近く掛かり・・・疲労困憊。

1件の契約にこれだけ時間を消費するなんて

現場はつくづく大変だなと

逆に心配になってしまう程です。

きっと

細かいニーズに応えるが為に

様々なプランやらオプションを用意している

のでしょうが

正直、途中から面倒臭くなります。

この構造は生命保険に似ていて

「ああ、もう何でも良いから取り敢えずそれでお願いします」

という人は一定多数でいる筈です。

今後は益々複雑化の一途かと思いますが

出来る限りシンプルに

松竹梅の3コースぐらいにならないかな・・,

因みに念願のスマホを手に入れた父は

新しいオモチャを買って貰った子供の様に

機嫌良くずっと弄っていました。

やったー!スマホだー!

何歳になってからも新しい経験は大事なのだと実感。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました