フリーランスは生活できないのか?

人生から不安をなくす為の挑戦と戦い

フリーランスになりたいという夢、、

心の声

周りのフリーランスは

誰も読まないブログを練習がてら、ひたすら書き続けている不安☆太郎です。

今はある種の技術系の仕事をしている為に、日頃同業のフリーランスの方と組む事が多いのですが

最近、同じ疑問がグルグルと頭の中で回っています。

来月の予測がつかない生活ってどんな感覚なんだろう?

基本的に会社員であれば、継続勤務を前提とするならば5年~10年先もある程度の予測がつきます(会社が潰れなければ)

だけどフリーランスにはそれがない、、。

私自身はこれまで転職は何回か経験があるものの、基本的に会社員生活を続けてきたので全く想像がつかない訳です。

そして以前にも一度書きましたが

社会人=会社員

という古い固定観念&価値観に凝り固まってしまっています。

きっと多くの人が憧れるフリーランス

因みに私が思い描く理想のフリーランス像は

  • 会社員の給料と同等かそれ以上稼いでいる
  • 毎日違う風景を見る
  • 一般会社員の生涯賃金を50歳迄に稼いでいる
  • ポリシーに反する仕事、割に会わない仕事は引き受けない

どうですか?なかなか稚拙だと思いませんか?

まあ実際にそういう方はいるとして、実際はもっと泥臭く大変だという事も理解はしています。

だけど、しかし、

心の奥底では憧れと羨望の眼差しで見つめてしまうのです。

人生は一回だけ!

今、心の声では出来る事なら年内にでも退職したい!

とずーっと呟いています。

そして、このまま会社員生活を続けたらきっと後で後悔するのも分かっています。

だけどやっぱり怖い!のが本音です。

最後にそんな堂々巡りを繰り返している私が励まされている本

できる人とできない人の小さな違い

で紹介されていたナイチンゲールの一言で終わりにしたいと思います。

私たちは、自分が考えているような人間になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました